少額訴訟の進め方や費用の計算、Q&Aでも詳しく解説
少額訴訟について10分でわかるように解説しております。裁判にかかる費用や日にち時間、勝訴後の手続き等詳しく解説
スポンサードリンク

トップページ >少額訴訟と地方裁判所

少額訴訟と地方裁判所

回答1 地方裁判所でやる訴訟に関してのご質問があります。 私の住所の管轄内の横浜簡易裁判所で、少額訴訟の手続きをとりましたら、以前、弁護士にもご覧頂いた賃貸契約書の第25条(管轄裁判所)に、 本契約の履行に関し、争いが生じた場合は、横浜地方裁判所を管轄裁判所とする。
と記載がある為、少額訴訟は出来ず横浜地方裁判所での手続きとなると裁判官に判断されました。

この場合、
賃貸契約書に横浜地方裁判所との記載がある為、それに従わないといけないのでしょうか。
2 裁判官が地方裁判所でやると決めたら従わなければいけない可能性が高いですね。

1 横浜地方裁判所での手続きとなると、少額訴訟ではなくなる為、私のデメリットは何でしょうか。
2 少額訴訟は簡易裁判所で1回ですみ時間も30分程度で終わりますが、地方裁判所ですと最低でも3回程度の裁判は行われることになると考えます。 但し、貸主が敷金を返すので訴えを取り下げて下さいと言ってくることがあるのでその場合は裁判は行われないこともあります。
1 地方裁判所で裁判をやる場合でも賃貸借契約書の貸主が法人の場合は、添付書類として会社登記簿謄本が必要になりますとありますが、今回の場合必要はないでしょうか
2 必要になります。法務局に郵送してもらうこともできますよ。