少額訴訟の進め方や費用の計算、Q&Aでも詳しく解説
少額訴訟について10分でわかるように解説しております。裁判にかかる費用や日にち時間、勝訴後の手続き等詳しく解説
スポンサードリンク

トップページ > 敷金少額訴訟

敷金少額訴訟

1 敷金を返してもらえなくて困っています。
少額訴訟をすれば必ず返してもらえるのでしょうか、


2 基本的な考えとしては契約書に借主負担と書かれているものは、毎月の家賃で払っていることになっていますので、仮に払う場合は家賃の2重払いになる可能性があります 少額訴訟になると基本的に借主が有利になる判例が言い渡されることが多いです。

敷金返還請求権

回答1 敷金返還請求権は、入金があった後も、おかしいと思えば5年間返還請求できる権利ではないでしょうか?
2 入金があっても退去後、5年間は返還請求できる権利を敷金返還請求権といいます。仮に敷金を返してもらえない場合は、少額訴訟という制度を使用する方法もあります。

時効請求

回答1 敷金を返して下さいと何回もお願いしているのですが、返還に応じてもらえないので最終的に先方に誠意が感じられず少額訴訟をする予定でしたが、諸事情がありできずに今に至ります。

この場合はまだ訴訟をする権利は私にあるのでしょうか?訴訟をして、時効請求されたりしないでしょうか?少額訴訟をすればお金は必ず返ってくるのでしょうか?少し間があいてしまいましたが是非お聞かせくださいませ。
2 退去してから5年間は返還請求できます。少額訴訟をする場合、内容証明を作成し、相手に提出してからにしたほうがいい場合が多いです。

9ヶ月しか入居していない

質問1 9ヶ月入居して退去したのち、大家立ち合いのもと原状回復について署名(サイン)を求められましたが、それを理由に敷金は返さないと言ってきます。 その時には原状回復について知識がなく言われるがままに署名(サイン)してしまいました。 その後、請求書が届きました。 内訳

1 クロス貼替え工事(居間・洋間・玄関・洗面所)124,550円
2 巾木張替(施工費込み)3本=3,500円
3 畳(表替え)4枚=16,000円
4 建具(張替え)2面=16,000円
5 室内清掃料(特約事項)1式=32,000円
6 ストーブ清掃料1式=22,200円
7 諸経費(運搬費、廃材処理費)1式=サービス


1(部分的)、4、6についてはこちらに支払い義務があるという認識があります。 1のクロスについては、立会時にもう落ちない汚れなのでと説明を受けました。 持参したメラミンスポンジで軽くこすると普通に落ちる汚れもありました。 もちろんクロスが1部はがれたり、あきらかに故意だと認識できる部分についてまで、支払いたいと考えております。建具についてもセロテープをはがした際に一部がめくれてしまったので支払い義務があると考えております。ストーブについても子供が誤って水をこぼし基盤が故障したので支払い義務があると考えております。 2、3については、結露が元での過失を問われたのですが、結露がでると分かってからはマメに水滴を拭くようにしていましたした。が、今までのアパートで経験がないくらいの結露の発生状況でした。(実際、使用していたダブルベットのマットレス下側がカビで使えなくなるくらいでした。)


一昨日、再度大家と現地確認をし、上記の内容について国交省のガイドラインに照らし合わせていかがですかといった話し合いをしました。 大家からは、納得できないならば少額訴訟で争いましょう、と言われました。 また、本来いただきたい金額を請求させていただきますと、当初請求書になかったフローリング補修や、玄関ドア交換等々も請求する旨を伝えられました。 さらに、これだけ温情見積もりをだして少ない金額でありがとうございますといわれると思ったら文句を言うんなんてびっくりですとも言われました。大家は現地の写真や証拠品(巾木等)も残してあります。


回答現在の気持ちですが、相手はベテランでこのような敷金少額訴訟も慣れているかと思います。 でも、自分が納得できない部分について支払いをするつもりはないし、大家の「温情見積もり」「本来請求したい金額」等の言葉にどうしても理解をすることができていません。 司法の場でというならば、良い社会勉強のつもりで争ってみたいと考えております。前置きが長くなりましたが、私ができる最大限のことはどのようなことがございますでしょうか? また、大家に先に少額訴訟を起こされた場合にこちらは不利になりますでしょうか?


2 僅か9ヶ月の入居なのでここまで結露が酷いということは建物自体に欠陥がありますね。 その辺も大家さんに伝えてみてはどうでしょうか、誰が入居してもこのような状況になるので不動産屋も本来であれば入居契約の際に結露が凄い物件だと説明しなければいけないと考えます。少額訴訟をする際は建物の構造上の欠陥を指摘すると いいですよ。



連帯保証人になった

1 退去時の修復金清算金の請求について揉めており少額訴訟をするかどうか悩んでいます。 鍵ー紛失しています(21,000円) 板戸ー襖・板面で襖部分ではなく、片方の板部分1枚下部が凹み破損があります(1枚作成15,000円) ベランダ天井ー物干し竿が辺り、穴をあけ回答てしまいました(穴補修18,300円) 台所の床ークッションフロアーの部分の数か所に散在した焦げ、染み、破れがあります(21,500円) クリーニングー主に流し部分が真っ黒で、流し廻りとして請求です(18,000円) その他、クロス汚れ、襖1枚破れ、絨毯(焼け、汚れ)トイレ床(オシッコを何度もこぼした臭いと染み)、便器、浴槽の黒ずみ汚れ、エアコン・換気扇の汚れなど通常の清掃を全くしていなかったようです。


費用が嵩む事から、家主は免状して頂いているようです。 ここに入居していた者がが、ヒートショックにより部屋で死亡しておりました。 私は、連帯保証人になっております。 ただ、私も支払う財力がなくどうしたらよいか解りません。 分割でお願いしたいのですが、必ず分割で支払う事すら約束できない状況です。 家主からは分割での支払いなら、私が支払えない場合が不安なので、だれか保証人をいれて頂きたいと言われております。 金額がいくらか目減り致しましても、最終的には一括支払いは不可能であります。


家主は、私が無理ならだれか、相続人等に相談してほしいと言われましたが、いまでは付き合いも無く、とても連絡などできません。 家主からすれば、減額を希望し、その上分割、まして支払う保証もなく不安で、とても私の一方的な要望は聞けないと言われました。 どうすればよいでしょうか。


2 このような場合、分割での支払いはできますよ。一般的には連帯保証人をつけなくても問題ありませんよ。毎月一定額を大家さんの口座に振り込み続ければいいのではないかと考えます。仮に裁判になるような場合でも裁判所は分割払いを認めます。