少額訴訟の進め方や費用の計算、Q&Aでも詳しく解説
少額訴訟について10分でわかるように解説しております。裁判にかかる費用や日にち時間、勝訴後の手続き等詳しく解説
スポンサードリンク

トップページ > 少額訴訟内容証明

少額訴訟内容証明

少額訴訟で最大の武器になるのが内容証明です。これは裁判を始める前に証拠書類として提出します。裁判官は裁判が始まるまでにこの内容証明を重要証拠として採用します。

少額訴訟が始まるまでにはなるべく貸主又は借主は相手に出しておいたほうがよいでしょう。但し提出しなければいけないものではなく、証拠書類は多ければ多い程いいとされているからです。

1 敷金返還で大家さんと話がつかず少額訴訟を考えなければならないと思っています。 そこで、その前段階として内容証明郵便についてお聞きしたいのですが、
訴訟をするならば、やはりその前に内容証明を送るべきなのでしょうか?


又、その内容証明ですが、裁判の際には、内容証明にあるものはより確かな証拠として採用されるといったことを聞きました。


回答そうすると、先方に送る内容証明郵便にはこれまでのやり取りも書いた方が良いのでしょうか?それとも、単に敷金を返してくださいとした方が良いのでしょうか?


インターネットでをみると、訴状を提出する際に証拠書類も提出するとなっていますから、その時に提出すれば証拠としての効力は同じとも考えられます。いずれにしても、こちらから提出できる証拠は双方のやり取りと賃貸契約書だけです。(現地の写真も、そのやり取りの中で先方から送ってもらったものだけです)


また、内容証明にこれまでのやり取りを書いた方が良い場合い、全てのやり取りをそのまま内容証明に書いた方が良いのでしょうか?それとも、重要なところをまとめて書いても同じでしょうか? これまでほぼ全てのやり取りをメールを介して行ってきましたので、ほぼ全てのやり取りは残っています。


2 内容証明にはどのようなことを書いても大丈夫です。有利になること不利にかること色々あると思いますが、なるべく重要な部分を書くことで内容証明費用を抑えることができます。1枚あたり250円づつ加算されていくので仮に10ページ作れば2500円になります。それプラス配達費が加算されますので、どんどん金額が増えていき経費ばかりがかさむことがあります。

貸主側に内容証明で伝えるというというのが一般的です

内容証明の出し方1 今日、大家の方に電話をして、郵送先を聞きました。こちらに支払い義務がないと電話で伝えてみた所、きちんと業者に修理等をして貰ってるから、返金はしない。気の済む様にしてくれと言われました。

あと、こちらも弁護士に相談をするので、後は弁護士同士の話になると言われました。 やはり返還方法としては、内容証明を出すしかないですよね?

2 貸主側に内容証明で伝えるというというのが一般的ですが、仮にそれである程度の希望額を返してもらえれば少額訴訟をする必要はなくなります。 それでも返してもらえないような場合は小額訴訟をする方法もありますし、内容証明を出さないで、すぐに少額訴訟をすることもできます。