少額訴訟の進め方や費用の計算、Q&Aでも詳しく解説
少額訴訟について10分でわかるように解説しております。裁判にかかる費用や日にち時間、勝てるか勝てないか!!
スポンサーリンク

トップページ > 少額訴訟管轄

少額訴訟管轄

少額訴訟をする場合にどこの裁判所に申請するかを考えなければいけませんがその基準となるのが管轄です。 簡易裁判所は全国にありますので、ご自分の住所地でも相手方の住所地の裁判所でも申請はできます。いきなり最高裁判所に訴えを起こすことはできません。

スポンサーリンク


第一審の裁判はまず始めに申請する簡易裁判所が一般的ですし契約書等でもそう書かれているはずです。

裁判は契約書に書かれている管轄裁判所で行われるが一般的ですが訴える側がどこの裁判所に訴えるかでも異なります。


裁判所管轄訴えられた側が遠方に住所を有しているような場合は移送の申し立てをされてしまうと遠方の裁判所で裁判が行われる可能性もあります。


裁判をする場合は管轄裁判所を先ず確認してご自分の生活環境を考慮しながら慎重に行動したほうがいいですね。

管轄裁判所

訴えを起こす場合、どこに訴えを起こすのか悩みますよね。 家庭裁判所は一般家庭の事件や調停や少年事件を扱い、それ以外の場合は簡易裁判所若しくは地方裁判所になります。


スポンサーリンク

どこの裁判所に訴えを起こすか 今まで管轄の説明をしてきましたのでもうお分かりでしょうが、自分が住んでいる住所地に申請しますが、場合によっては被告の住所地に申請し、訴える相手が法人(会社)であれば事務所又は営業所を管轄する裁判所になります。

例外で手形、小切手、債務不履行の場合は支払い地で、不動産の場合ですと不動産所在地になります。

管轄権

1 民事訴訟法の中で、少額訴訟には管轄権に関する特則がないので、通常訴訟と同じ扱いとなりますか。

2 基本的には少額訴訟になります。但し相手が通常訴訟に移行する旨の申し出をすれば通常訴訟になります。

物件所在地の管轄裁判所

弁護士1 賃貸借契約書に「貸し主(大家さん)の管轄裁判所で第一審をすることに合意します。」旨の記載があってサインしていても、それについて法の定めとは異なる旨の説明を受けていないこともあり、その条項自体が無効となり、敷金返還に関する少額訴訟を起こすのは、甲、乙どちらが提起する場合にも、物件所在地の管轄裁判所に提起するのが一般的なのでしょうか。

2 引越し先の管轄裁判所に申請はできます。東京から大阪に引越しをした場合、大阪で少額訴訟の申請はできます。

管轄裁判所移送

訴状1 大家さんと揉めており事前の話し合いで決着がつかず少額訴訟か通常訴訟を考えております 契約書の特約にて「借主は退去時にハウスクリーニング代を負担する」との一文があります。 しかし、この特約は明確なクリーニング場所や金額の詳細が記載されていないため、無効となるはずである。


きちんと掃除もするので、敷金は全額返金してほしいとオーナー(管理会社はなし)に書面でお願いをしたところ 「特約内容に同意したから押印したのではないか、2万円だけは払ってもらいたい」 との事でした。 そこで、私が2万円という金額は払えないと伝え、小額訴訟も検討していることを伝えると、オーナーも訴えるなら訴えれば良い、地方から訴えても、東京に移送するとの事でした。


そこで質問がございます。 それは小額訴訟の移送についてです。 物件は東京都港区です。大家さんは東京都港区在住ですが、借主である私は東京都から茨城県へ引越します。予定では、茨城の地方裁判所に小額訴訟を提訴する予定です。そして、大家さんははその後東京都に移送する手続きをする様です。 この場合、一般論からすると管轄裁判所は東京に移送されてしまう可能性の方が高いでしょうか。
2 はい、その可能性もあります。